月別アーカイブ: 12月 2015

家主と地主と民泊と

「家主と地主」という絶妙な誌名を冠した、俗に言う勝ち組と呼ばれちゃうような方々の御用達的な、雑誌というか情報誌がありまして、賃貸住宅がホテルに化ける(かも)と、Airbnbというか民泊やりまへんか?  と、誌面の内容広告を新聞に載せているわけですが、その広告掲載日の新聞に、お役人が民泊の検討会を発足させたと記事がありました。

民泊そのものに対しての是非は立場により色々とご意見はあるわけですが、そういった意見の収束というか、着地点というか、十分に丸く収まる可能性のないままに、玉虫色というかね、実際には民間にとっては三方一両損的な感じの規制が敷かれる結果になるのではなかろうかと、密かに思ったりします。

いずれにしても、僕やあなたのお住まいのそばで、誰かが民泊が始めるのは時間の問題なわけです。始まってるトコも沢山あるでしょう。

ホームステイのような下宿的なものならまだしも、一棟貸とか、マンションの1室貸とか、お行儀の良い旅行者ばかりではありませんから、歓迎しにくい事柄もセットでもれなく付いてくるわけです。

旅館ホテルとかだと、そうしたことへの対処もスムーズなんだろうと想像できますが、そこまで考慮して始める方もそうはいらっしゃないでしょうから、そうしたことへの関与の無い近隣住民には何というか、日々の暮らしの頭痛の種の一つになりかねません。
マンションの管理組合や自治会など、確実に仕事が増えるよね。

庇貸して母屋取られる、なんてことわざもありますし、相手と十分に折衝出来る方は別ですが、警察の民事不介入とか、その辺りを天秤にかけてもらって、家主の方はご自分の資産の価値を下げることなく、ご近所の方々と良好な関係を維持しつつ、ま、要は相手次第、邪険にするのもそれはそれで「お・も・て・な・し」に反するし、ってことで、不安ばかり数えても致し方ありませんので、家主地主の皆様方におかれましては賃貸物件のさらなる収益化に勤しんでいただければと、僭越ながら具申させていただいて。

個人でワンルーム投資とかしてる方は、波に乗った方が良いとは思いますよ。
関係業界は既に動いてるし、関連業務でスタートアップ(意識たかい言葉)ってのもいるでしょーし。

で、物件が適度に汚れてきたら、呼んで下さいな。