月別アーカイブ: 4月 2016

連休の解放と閉塞

ベランダに置いたプランターに植えたキュウリの苗が、強風にあおられて根元から折れてしまった。
添木に縛っておけばよかった。
かわいそうなことをしてしまった。

飛び飛びの日取りでマンション空室を進めている。
進むような進まないような、どっちなの ? ってペース、仕事が早いに越したことはないが、不器用だからね、自分なりの丁寧さは維持したいと思うのだ。

自己満足の部分と、何も言わせたくないという、自己防衛の気弱さが同居する。

さまざまな意味を含めて、白い猫も黒い猫も、ネズミを獲る猫は良い猫だ、という言葉が好きだ。

他の同業者のことは知らないし、10人いれば10通りのやり方があり思想があり、本来はそこに優劣も何もないはずだ。
あるのはそれぞれの業者に呼応したそれぞれの依頼者が存在する、ってだけのことである。

帰りがけにキュウリの苗を買い換えようとホームセンターに寄ったら、駐車場が1台分のスペースもなく埋まっていた。
待つのは苦手なので、早々に諦める。

連休と言うのは、とどのつまり勤め人のためのモノだなぁ、と、思う。
そして、身を置く世界の風景も、自営業者のそれとは違う。

何よりも、世間の目も意見もルールも、勤め人が基準になっているように感じるが、それはそれで彼我の違いにすぎないので、どちらがどう、ということではない。

閉塞感は感じるけれど。

新入社員になった方は、特に女性の方は、目を通しておくと良いよ。

理不尽さに負けるごとに、自分らしさを失うことになる。