月別アーカイブ: 7月 2016

夏に長袖

(過去記事については、何とか半年分、再生出来ました)
何のこと? という方は→こちら

身体に熱がこもりやすいので、この季節、何とか涼しく過ごしたいものだと考えるのですが、そんなアイテムが色々と販売されているようですね。

汗をかいた顔をさっぱりスッキリ拭き上げるウェットテッシュは、使用後にさらっとして、これは気持ち良いです。

風に触れやすい窓のお掃除でも、ガラス面の太陽の照り返しとか暑さの体感は増していたりするわけですが、お風呂場を作業していると、早い段階で汗なのかシャワーの水の跳ね返りなのか、ディープに濡れた状態になり、胸ポケットに入れている財布の中の千円札が湿ってへなへなになってたりします。

その千円札を、作業後の集金時に依頼者へのお釣りとしてお渡ししたりすることもあって、こういうのはちょっとマズいかなぁ、と、思ったりします。

どこかで聞いたか見たかした話なのですけれど、空室の風呂掃除で、あまりの暑さに耐えかねて、服を脱いで下着1枚で作業をしていたら、依頼した方のお嬢さんが現場に訪れて対面した・・・状況的にも心情的にも大変だった。
とかで、いやいや、その気持ちは解る、と言いますか、まあ、夏ですしね、そんなことも時には。

風呂場の作業時では、内容によっては雨合羽を着こむこともありますので、1人サウナと言いますか、何とも言えません。

熱中症の搬送者は昨年の同時期の数を越えてるんですか? お気を付け下さいまし。

道ですれ違う高校生の野球部のユニフォームの一部が長袖で、うわぁ、暑そう・・・と思っていたのですが、見渡してみれば、皮膚を焼かないように長袖のシャツを着ることは多いようです。

遅まきながらコンプレッションウェアというのを知りまして、それが夏バージョンでは着ると涼しく感じるよ、ってことになってるらしく、試しにと1着購入して着てみたら、何て言うか良いです。

風が吹いたりすると、繊維に触れてる皮膚が、さぁ~っと涼しく感じまして、あ、いいな、これ。

そんな流れで、それから3着ほど買い足し、今年の夏の作業は、これでいくことに決めました。

吸汗速乾、UVカット、接触冷感、ってことで、重宝してます。
コンプレッションなので、お腹周りがねー、上にシャツは着てるんですが。
人前でだけなんですけど。