誕生日の翌日

Pocket

20日には工事が終わる予定だから。
鍵は玄関にキーボックス付けてるよ。
との言葉に、今日、現地へ行ってみたのだが !  絶賛工事中 !

「あー、これはあかん」 ってことで、他の予定も入れていないので戻る。

1人で良かったよ。
帰宅後、服を着替えて街に出る。

幾冊かの気になる本があり、JRの最寄り駅付近の本屋に徒歩で向かう。
片道3キロ弱。

5キロ以内なら徒歩、10キロ程度なら自転車。
と、今年になってから決めたのだ。

30分ほどで駅に着き、本屋を覗いた。
目当ての新書を見つけ、目次を眺め、それから本文を読む。
購入するつもりでいたけれど、あらかた読んでしまい、隣にあった著者の前著も結局立ち読みしてしまい、書店から見たらちょっとイヤな客になってましたね、ごめんなさい。

そこの本屋を離れ、駅構内の立ち食い蕎麦屋へ。

『あじさい』という店名から『ご利益そば』という名前に変わり、以前から何だかご利益ありそうなありがたみを感じていて、電車を使う際に立ち寄ったりしていた。

「鴨そば」を注文。
うんまー!  暖まるー !  
立ち食い蕎麦って何気に旨いので好きだ !

食後、駅構内のショッピングモールに入っている本屋さんへ。

先日読んだ某著者の新刊を思いがけず見つけ、手に取る。
前書きから後書きまで目を通して、しばし迷った末に、元の場所に本を戻す。

本棚を眺め歩き、気になった本を手に取り、なかを眺め、元に戻す。
そうしたことを繰り返して本屋を出、再び徒歩で帰路につく。

家に戻ると郵便受けに通販会社のカタログが投函されていたのだけれど、僕の受取人宛名で透明なビニル封筒にこの表紙のカタログって……、。

ま、良いんだけどさ。

微妙な表情を家人に問いかけられ、そう言うと、彼女は「ま、恥ずかしいヒト」と笑った。

いやいやいや……。

image56

コメントは停止中です。