街頭での防犯対策

引ったくりの被害に遭わない

街頭での防犯対策

ひったくりの被害者はほとんどが女性。あなたの防犯意識は?

関連ページ
あなたの防犯意識、大丈夫?
ストーカーとDV対策
住まいの防犯を考える

 

ひったくり防止の3原則

■後方注意
後ろから近づいてくる才−トパイや自転車等には振り向いて注意する。

■バッグは建物側
バッグは建物側に持つようにし、胸でしっかり抱えるか、またはたすき掛けにする。

■防犯ネット
自転車のカゴに防犯ネットを付ける。


歩車と車道の区別があり、人通りの多い道路を歩く。

夜間の通行はできるだけ明るい道を選ぶようにする。

深夜の帰宅は、できるだけタクシーを利用するか、可能なら家人に迎えに来てもらう。

歩きながらの携帯電話の操作や通話、イヤホンで音楽を聴くなどは、注意が散漫するので控える。

 

電車やバスなどでは

■死角になりやすいところには立たない。

■混み合う電車のドア付近は避けて、中ほどに移動する。

■通勤電車に乗る時は、乗車する車両や乗る時間を変える。

■人混みのなかでは、バッグは身体の前に抱える。

■車内では常に周りの人に注意を払う。

 

Base Template by Webexpress, Copyright All Rights Reserved by 住まい・店舗・ビルのおそうじ Cat's hand