夏涼しく、冬暖かい家

快適な住まいの設備

夏涼しく、冬暖かい家

住まいの新築やリフォーム、住み替えのときに検討してみたい住宅の設備。年間を通して快適に暮らす。

関連リンク
冬の室内を快適にするには
インナーサッシで断熱・防音
冬の寒さからペットを守る

 

1年中快適に過ごせる住まいの設備

高気密住宅

建物と外部とのすき間を減らすことで内部の気密性を高めて熱の損失を減らし、省エネルギー効果を上げ快適性を両立させた住宅のこと。

高気密の家は、汚れた空気も外に出にくくなり換気が必要だが、現在の新築物件には24時間換気の設備設置が義務付けられている。

高断熱住宅

家全体に、より効果の高いレベルの断熱工事を施し、高い断熱性を持たせた住宅。

高気密住宅と合わせ、高気密・高断熱住宅と呼ばれる。

熱効率のロスを減らし省エネルギー効果を高める。

床暖房

輻射熱を利用した効率の良い暖房設備。主としてリビング・ダイニングに設置される。

エアコンに比べ、室内上部と下部との温度差が小さく、空気を汚さないので健康的な暖房方式と言える。

TES

ガス温水を使用したトータルシステムで、給湯・冷暖房・床暖房・浴室暖房乾燥・ミストサウナ等を展開する。

予算、生活スタイルに合わせ、自由にプランニングできる。

複層ガラス

サッシに複層ガラスを装備した物件が、新築一戸建てを中心に増えている。

2枚のガラスの間に空気層があるサッシで、住宅の中で最も熱(暖・冷気)の移動が大きい窓に使用する効果は高い。

断熱性が高く、結露対策にもなる。

窓の設置は、室内の対角線上に配置することで通風が確保されると、夏も快適に過ごしやすくなる。

通風の確保は、湿気から住まいを守るためにも大切。

 

Base Template by Webexpress, Copyright All Rights Reserved by 住まい・店舗・ビルのおそうじ Cat's hand