引っ越し費用の節約ポイント

引っ越し費用と予算

引っ越し費用の節約ポイント

引っ越し会社には、予算や作業内容に合わせたさまざまなサービスがあります。

関連ページ
お引っ越しが決まったら
初めての一人暮らし
賃貸物件は使いやすいキッチンで選ぶ
特優賃って何?
いらないものを処分する


> 敷金返還トラブル一発解消テクニック

 

引越し費用を安く抑えるには?

引越し会社には予算や作業内容に合わせたさまざまなサービスがあります。
その中で自分に適したサービスを選択することになりますが、自分でできることは自分ですることが、出費を減らすことにつながります。
引越し会社のサービス内容を良く聞いて、経済的にお引越しをおこないましょう。

 

引越し日は平日にする。

家具の搬出・搬入の日が、土日祝日にすると、価格が割り増しになることがあります。
可能なら、できるだけ平日にしましょう。

 

引越しの資材は自分でそろえる。

ダンボールやガムテープ、荷造りのひもなど、自分でそろえられるものは自分で用意しましょう。

 

荷造りや荷解きは自分で。

ダンボールなどの引越し資材の用意、家具の搬出・搬入や据え付け、掃除などをすべて引っ越し会社に任せてしまうプランもありますが、時間に余裕があれば、荷造りや荷解きは自分でしましょう。

 

不要なものは事前に処分。

荷物が多くなればトラックも大きくなり、作業の人員も増えます。
引越し先で使わないものは市区町村の清掃局に引き取ってもらったり、リサイクルやフリーマーケットに出すなどして、荷物を減らしておきましょう。

 

自分の荷物の量をきちんと把握しておく。

荷物の量があいまいなまま引越しを依頼すると、トラックが大きすぎたり小さかったりして、効率はよくありません。
正確な荷物量を把握して、引越し会社に見積もりを出してもらいましょう。

トラック積載量の目安

1K ワンルーム 単身者
2t以上

2DK 新婚家庭
4t以上

3DK 2〜3人家族
4tロング以上

3DK以上 3〜4人家族
10t以上

 

引越し当日は自分も手伝う。

引越し料金は、荷物の量・移動距離・搬出搬入にかかる時間などで決まります。
予定時間をオーバーすると割り増し料金が発生することもあるので、自分のできる範囲で、荷物の搬出搬入を手伝うようにしましょう。

 

Base Template by Webexpress, Copyright All Rights Reserved by 住まい・店舗・ビルのおそうじ Cat's hand